ブログ

ちょっと嬉しい話2017年7月29日

今日はスピードリディング プラクティショナー講座でした。

スピードリディング講座の時は本やら新聞紙やら

通常よりも荷物がたくさんで、

まるで長期海外旅行に行くのかと思うぐらいなのです。

自宅近くの駅でエレベターもなくホームまでの階段を

一段一段思い荷物をひきづりつつ

階上まで気が遠くなるほど遠いなぁと思いながら登っていたら、

なんとイケメン大学生君登場。

荷物を颯爽と階段上まで持ってくれました。

そして、さわやかに去って行く・・。

もう、でき過ぎ、かっこよすぎです。

息子もそうなれるかな。

私一人では重たい荷物で身動きが取れない状態だったので本当にありがたかったです。

 

前回の席を譲られた話も少し通じるところもありますが、

助けてもらうのは恥ずかしいことと思っていましたが、助けてもらってもいいんだな

と思った今日のちょっとした出来事でした。

 

講座の話はまた後日。

花と徒然2017年7月28日

息子が生まれてから、ずっと専業主婦でした。

彼が幼稚園に通うようになって、幼稚園に行っている間だけは

私は一人になる時間ができたので、何かできないかな?

と思ったのが、資格試験の勉強をして資格をとることでした。

久しぶりの勉強、特に新しいことを覚えるのにはとてつもなく苦労があり、

社会労務士試験も1度で合格することはできませんでした。

(そこでマインドマップとの出会いがあるのですがそれは後日)

 

それでも資格とは強いもので、息子が小学生の頃はパートぐらい、

中学生になってからはフルタイムに近いお仕事をいただけるように

なっています。

そうすると荒れてくるのが自宅の掃除。

目が悪いことを理由に、「見えないから」と

玄関と台所とトイレのみ、掃除もどきをしていることが多いです。

そこで助けられているのが、草花です。

体がへとへとに疲れたり、

忙しく、イライラする気持ちを吸い取ってくれているようです。

ありがとう。

私にとっての贅沢でご褒美は、自分で買う生花。

ここ2〜3年はそんな感じです。

(もう少ししたら息子が掃除してくれるに違いない。)

席を譲られました2017年7月26日

昨日は夏の土用の丑の日。うなぎを見ると思い出します。

 

うな重&ビール等、たらふく食べて帰宅途中、

イケメン男子高校生に電車の中でトントンと腕を叩かれ、

彼が座っていた席から立ち上がり私にその席を

譲ろうとしてくれました。

私は、「そんなに疲れて見えたのか」

「老けて見られた」とがっかりした思いと、

席を譲られたことに対する恥ずかしさ、「なんで?」という当惑で

頭が一杯になってしまいました。

(ちょっと、「ナンパか」と思ってみたり・・単なる願望です)

続くバスの中で、今度は優先席で荷物をたくさん抱え、

うろちょろする小さいお子さん2名を上手に制御しなら座っている

若いお母さんがさっと脇により、私に「どうぞ」と、お隣の席を。

 

いやー、2回も同じことがあると合点がいきました。

ウエストゴムのパンツ+Aラインのブラウス+うな重=お腹ぽっこり

の公式です。私はどうやら妊婦と間違われたのだろうと。

そう思うとわざわざ声をかけてくれたイケメン男子高校生は

「勇気あるな」と感心したり。若いお母さんも広く席を使って座りたかったのに

つめてくださったし、優しいなと思ったり。

 

席を譲られたという事実は一つですが、

解釈の方法でこんなにも感情が変わってくるとは!と

思った出来事でした。

事実と解釈の区別ができ、解釈を色々できると悩みや

無駄な争いも減るのではないでしょうか。

事実→解釈→行動

 

解釈から行動に繋げるならば、健康のこともあり、

お腹を凹ませるべく、この土用の期間を使って少し食事を見直し、

体重計に毎日乗ってダイエットを心がけています。

そして、これはネタになると思いました。

ものの見え方2017年7月22日

春に目の手術をしました。

物心ついたときから片目がよく見えず弱視の私ですが、

今回眼内レンズを入れました。

人工レンズなのでピントも合わせられず、

また網膜が発達していないまま成長したので

人並みの視力は望めないものの、

それでもありがたいことに明るく見えるようになりました。

ただ、左右の目で色が微妙に違って見えるのです。

同じ赤でも色味が異なります。

特に朝焼けや夕焼けの空のような色合いはかなり左右で違って見えます。

手術をしてない方の目のレンズが加齢によって

黄ばんできているのかもしれません。

とすると、小さい頃見た色と今では違って見えるのか?

また人によって少し違って見えるのか?

大人と子供はちがって目に映るのか?

同じものを見ていると思っていたことがむしろ違うのかもしれないと

この歳になって思っています。

人の数だけ違って見えることを前提としていると、考え方が合わないのも自然だと思え

それが少し自由にも感じて不思議な気持ちで空を見上げています。

 

言い訳が得意です2017年7月18日

最近つくづく思うのは、

やらなくてはいけないと思っているけれど、

やらない理由を挙げるのが

自分ながら惚れ惚れするほど得意だな

ということです。

もう、出てくる出てくる・・・。

昨日のブログでノートのことを書きましたが、

私のようなタイプはやらない理由を人に話すより

ノートに書き出すと効果的です。

書き出すことだけでも、戸惑いを感じるなら

迷わずやったほうがいいはずです。

大きく立派にやり続けようなんて考えずに、

とりあえずちっちゃくやればいいのです。

途中でやめてもいいからまずやってみるのです。

 

 

・・・と言い訳が得意な自分に言っているところです。

 

-