ブログ

続・マインドマップ講座の選び方2017年7月27日

以前、マインドマップ講座の選び方というブログでご紹介した

Tony Buzan公認インストラクターによる

マインドマップ講座一覧が掲載されているHP

新しくなりました。

こちらも合わせてご覧ください。

前回は、公認インスタラクターのみ講座を開催できること、

プラクティショナー講座とは何か? マインドマップは

スピードリーディング、メモリー、マインドマップの3本柱になっていることなど

を書きました。

 

その続編です。

 

講座代金については、決まってはいません。各々のインストラクターに任されています。

内容が担保されているプラクティショナー講座については

10,000円相当の公認マインドマップソフトウエアーとTony Buzan サイン入りの証書、

マインドマップを描く道具がついていて

35,000 円〜45,000円くらいが相場でしょうか。

 

一見、真似して描けそうなマインドマップです。

講座を受ける意味は、どういった特長があって何故このような書き方か

知っているのとそうでないとは、1枚描くにしても大きな違いがあるからと言えます。

その差が枚数を重ねるとどんどん広がっていってしまいます。

その上、色々な活用法も知ることができます。

だから、興味があるようでしたら、早めに一度は講座を受けられた方がいいと考えます。

描き方とその原理原則、5〜10枚くらい実際に描いてみることなどは1日で学べます。

ですが、やはりその後使っていただかないと使えるワザになっていきません。

そのことを念頭に置いてください。

一旦、ご自分のワザとなるとその後どんなセミナーもマインドマップで記録に取れ、

記憶に残りやすくなり、会議、プレゼンもまとめやすくなります。

イメージ&連想力も強化されるので、マインドマップ講座料金のもとは十分とっていただける

と私は思っています。

あとは、講師が学び続けているかどうか(しまった、自分の首を締めたかな?)、

マインドマップ講座が別の高額セミナーのフロントの位置づけになっていそうか、

それが違和感がないかどうか等々確認して、ピンときた講座にお申し込みください。

席を譲られました2017年7月26日

昨日は夏の土用の丑の日。うなぎを見ると思い出します。

 

うな重&ビール等、たらふく食べて帰宅途中、

イケメン男子高校生に電車の中でトントンと腕を叩かれ、

彼が座っていた席から立ち上がり私にその席を

譲ろうとしてくれました。

私は、「そんなに疲れて見えたのか」

「老けて見られた」とがっかりした思いと、

席を譲られたことに対する恥ずかしさ、「なんで?」という当惑で

頭が一杯になってしまいました。

(ちょっと、「ナンパか」と思ってみたり・・単なる願望です)

続くバスの中で、今度は優先席で荷物をたくさん抱え、

うろちょろする小さいお子さん2名を上手に制御しなら座っている

若いお母さんがさっと脇により、私に「どうぞ」と、お隣の席を。

 

いやー、2回も同じことがあると合点がいきました。

ウエストゴムのパンツ+Aラインのブラウス+うな重=お腹ぽっこり

の公式です。私はどうやら妊婦と間違われたのだろうと。

そう思うとわざわざ声をかけてくれたイケメン男子高校生は

「勇気あるな」と感心したり。若いお母さんも広く席を使って座りたかったのに

つめてくださったし、優しいなと思ったり。

 

席を譲られたという事実は一つですが、

解釈の方法でこんなにも感情が変わってくるとは!と

思った出来事でした。

事実と解釈の区別ができ、解釈を色々できると悩みや

無駄な争いも減るのではないでしょうか。

事実→解釈→行動

 

解釈から行動に繋げるならば、健康のこともあり、

お腹を凹ませるべく、この土用の期間を使って少し食事を見直し、

体重計に毎日乗ってダイエットを心がけています。

そして、これはネタになると思いました。

ピンチ、ピンチ、チャンス、チャンス、ランランラン♪2017年7月25日

いいフレーズだと思いませんか?

外が暑い時は、家で楽しもうと取り出したのは、

堀田秀吾さんの「科学的に元気になる方法 集めました」という本です。

「人間にとってどんなことがストレスの原因になり、

どうすればストレスの被害を抑えることができるのか?

どうすれば元気に過ごすことができるのか?

近年、科学的に論理的に明らかになったもののうち、

2017年現在の世界の科学論文などで紹介されている

科学的根拠のあるもの、誰でもどんな環境でも実践できる

簡単なものを集めた(前書きより引用)」というので、

手に取ってみました。

パフォーマンスを高める方法の一つ」なりきり作用

「ピンチ、ピンチ、チャンス、チャンス、ランランラン♪」

気に入りましたー。

記憶に残したいのでざっとマインドマップにまとめます。

その他、やってはいけないこと、心を落ち着かせる方法、

朝一番にやりたい習慣幸福感を高める習慣などに

分かれていますがどれも簡単。

ボーッとするとアイデアが湧くのはマインドマップを

書いて色を塗っている時によくあるのでそれで

アイデアが出やすいのですね。

空を見るというのもあって、私は別の意味で空を見ていました。

姿勢と空の色で心を平静に保てる効果があるとか。

お茶を入れ、香りを楽しんだり砂時計をボーっと見るのもいいそうです。

 

元気になるきっけかけは身近なところにあるのでした。

ものの見え方2017年7月22日

春に目の手術をしました。

物心ついたときから片目がよく見えず弱視の私ですが、

今回眼内レンズを入れました。

人工レンズなのでピントも合わせられず、

また網膜が発達していないまま成長したので

人並みの視力は望めないものの、

それでもありがたいことに明るく見えるようになりました。

ただ、左右の目で色が微妙に違って見えるのです。

同じ赤でも色味が異なります。

特に朝焼けや夕焼けの空のような色合いはかなり左右で違って見えます。

手術をしてない方の目のレンズが加齢によって

黄ばんできているのかもしれません。

とすると、小さい頃見た色と今では違って見えるのか?

また人によって少し違って見えるのか?

大人と子供はちがって目に映るのか?

同じものを見ていると思っていたことがむしろ違うのかもしれないと

この歳になって思っています。

人の数だけ違って見えることを前提としていると、考え方が合わないのも自然だと思え

それが少し自由にも感じて不思議な気持ちで空を見上げています。

 

スピードリーディングは速読ではない?2017年7月21日

スピードリーディングと聞くと速読のように思われるかもしれません。

実はそれだけではありません。

トニー・ブザンのスピードリーディングのスピードに込められた意味は、

本を早くも遅くも読めるようになるということです。

資料作成のため情報を探すときの読み方、眠りにつく前の読書は違うはずです。

スピードを自由自在にコントロールできるようになることを目指しています。

 

また、本を読むということに対する思い込みを外すことにもあります。

「理にかなった」手法であると講座を受けた受講生の方からの感想もいただいています。

 

スピードリーディング7月29日(土)に都内でスピートリーディング講座を

開催します。

この読書法はトニー・ブザンの手法ですので、

もちろんマインドマップも描きます。

マインドマップを使っている方は新しい利用法を、

最近マインドマップを描いていないあと思う方は

復習のつもりでいらしていただければ嬉しいです。

その後の予定についてはお問い合わせください。