よくわかるマインドマップ(R)①

マインドマップと聞くと何やら怪しげなものように思われる方が

少なからずいらっしゃるようです。

「マインド」という言葉から、「マインド・コントロール」とか「○○マインド」とか連想されるのでしょうか?

確かに国語辞典では

マインド:心、精神、意識、——・コントロール、・・となっています。

 

一方.英英辞書でひくと

mind:

「ability to thought(思考力)」

「presence of mind(知性・輝き・鋭さ・創造力・落ち着きのある様子)」

「intelligent person(聡明な人・知性のある人)」

「thought(思考、考え)」

「memory(記憶、メモリー」

・・・・・

とでてきます。

 

日本語の「マインド」とは違う印象をうけます。

 

Mindmap®はイギリス人のトニー・ブザンによって開発されました。CameraZOOM-20140308120140979

どちらの意味でつけられた名称かは明らかですね。

 

ブログ「よくわかるマインドマップ」は、マインドマップの具体的な効果や体験談、

疑問等についてかいていきたいと思います。

もっともっと、詳しく知りたい、みにつけたいという方は

マインドマップ・プラクティショナー講座(9月6日)にて。

またはお問い合わせください。

Previous post子どもにマインドマップを描かせるのには?その③ Next postふるさと納税がおもしろい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です