8月19日は ワールド・マインドマップ・ディ

昨年、トマスターズ・インターナショナルのゴールデン・ギャベル(黄金の小槌)賞がトニー・ブザン氏に授与されました。ゴールデン・ギャベル(黄金の小槌)賞は、コビィー博士やアンソニー・ロビンズ氏も受賞しています。
受賞した日が8月19日であったので、その日をワールド・マインドマップ・ディにとトニー・ブザン氏が提唱しています。この受賞をきっかけとしてマインドマップをさらに広めたいとのこと。
日本では夏休み、そしてお盆に近いということもあって時期的にイベントを組むのは難しいです。

以前、トニー・ブザン氏の誕生日(6月2日)に子供達と一緒に大きなマインドマップを書きました。
こんな大きな紙に絵を描くことなど滅多にない機会です。
最初はおずおずと絵の具を塗っていた子供達も最後には、手のひらが筆になったり、足の裏に絵の具をつけて歩いたり、全身を使いました。
その後の宴会も含め実は大人が一番楽しんだので、またこのようなイベントができたらな、と思っています。

写真は数年前のものです。当時中学生だったお子さんも今では大学生でしょうか?覚えているかしら。

Previous post子豚とBONDIC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です