続・マインドマップ講座の選び方

以前、マインドマップ講座の選び方というブログでご紹介した

Tony Buzan公認インストラクターによる

マインドマップ講座一覧が掲載されているHP

新しくなりました。

こちらも合わせてご覧ください。

前回は、公認インスタラクターのみ講座を開催できること、

プラクティショナー講座とは何か? マインドマップは

スピードリーディング、メモリー、マインドマップの3本柱になっていることなど

を書きました。

 

その続編です。

 

講座代金については、決まってはいません。各々のインストラクターに任されています。

内容が担保されているプラクティショナー講座については

10,000円相当の公認マインドマップソフトウエアーとTony Buzan サイン入りの証書、

マインドマップを描く道具がついていて

35,000 円〜45,000円くらいが相場でしょうか。

 

一見、真似して描けそうなマインドマップです。

講座を受ける意味は、どういった特長があって何故このような書き方か

知っているのとそうでないとは、1枚描くにしても大きな違いがあるからと言えます。

その差が枚数を重ねるとどんどん広がっていってしまいます。

また、講座では他の方の書き方や色々な活用法も知ることもできます。

興味があるようでしたら、早めに一度は講座を受けられた方がいいと考えます。

描き方とその原理原則、5〜10枚くらい実際に描いてみることなどは1日で学べます。

ですが、その後使っていただかないと使えるワザになっていきません。

そのことを念頭に置いてください。

一旦、ご自分のワザとなるとその後どんなセミナーもマインドマップで記録に取れ、

記憶に残りやすくなり、会議、プレゼンもまとめやすくなります。

イメージ&連想力も強化されるので、マインドマップ講座料金のもとは十分とっていただける

と私は思っています。

あとは、講師が学び続けているかどうか(しまった、自分の首を締めたかな?)、

マインドマップ講座が別の高額セミナーのフロントの位置づけになっていそうか、

それが違和感がないかどうか等々確認して、ピンときた講座にお申し込みください。

Previous post席を譲られました Next post花と徒然

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です