ブログ

立春の卵

今日は立春。

そして、明日の天気予報は雪。

思い出すのは「立春の卵」という話です。

「雪は天から送られた手紙である」という言葉を残した人工雪や雪の結晶の研究で有名な、

中谷宇吉郎氏の随筆の一つにその話があります。

立春の時に卵が立つという話について、研究者の目線で分析する面白い話でした。

小学生のときに読んだ記憶があります。41553964_220x219

 

そういえば、雪の結晶、マインドマップに似ていませんか?

 

Previous postコンプリート! Next post3月1日(日)はスピードリーディング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です