子どもにマインドマップを描かせるのには?その④

今日お伝えしたいのは、スピードリーディング講座でもお話ししていることですが、

教科書の目次をマインドマップに描いてみるというものです。目次

目次をマインドマップに描けば、

1年間でどのような内容を習うのかひとめでわかります。

お子さんにとっても目次だけなので、「勉強だー」って

構える事もなく、カラフルないたずら書きぐらいに

とらえてくれます。

それでも、教科書を1回予習したと同じくらい効果が

あるのです。

私も塾講師をしていた時に小学校5年・6年生の算数で生徒さん2人と一緒に描いてみました。

最初「何でこんな事をするのか?」って2人とも不思議そうな顔をしていました。

ですが、その後の各単元の学習の進みは、マインドマップを描かなかった生徒さんに比べ

ドンドン速くなっていき、2学期の終わりには1年間の学習が終わってしまい、

次の学年に進むぐらいでした。

 

進級して新しい教科書をもらってきた時にやるのが狙い目ですが、

夏休みに描いてみるのも、1学期の復習をかねるのでまた効果的です。

 

ぜひ親子でやってみてください。

Previous postコンプリート4/100 スピードリーディング・プラクティショナー誕生 Next post子どもにマインドマップを描かせるのには?その⑤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です