ブログ

国民年金 10年保険料を納めれば受け取れることに

2017年8月1日より、年金を受け取るために必要な納付期間が25年から10年に短縮されました。
対象外だった方も該当する場合があります。
新たに年金を受け取れるようになる資格期間が10年以上25年未満の方には、日本年金機構より順次年金請求書が郵送されるので、手元に届いたら年金事務所で手続きをしてください。

ただし、年金の額は納付した期間に応じて決まりますのでご注意ください。
40年間保険料を納付された方が、満額(年額約78万円 2017年現在)受け取れます。
それに対し10年では、その4分の1の19万円、月額にして1万6千円くらいになります。

 今からでも保険料を納めて年金額を増やすことも可能です。
例えば60歳以上の方も65歳まで保険料を納めることができます。
また、過去5年以内の保険料の納め忘れがある場合申し込みにより保険料を収めることができます。(平成30年9月まで)

専業主婦(主夫)の方も届け出漏れの期間の届け(特定期間該当届)の手続きをすることによって、年金を受け取れない事態を防いだり、最大で10年分の保険料を納め、受け取る年金額を増やすことができます。(納付できる期間は平成30年3月まで)

ご自分の記録を見直すいい機会ですね。

Previous post続 「今夜 くらべてみました」に「マインドマップ」の舞台裏 Next post言葉と心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です