ブログ

助成金と事業運?

巷には、助成金関係のセミナーも多いようです。
助成金は、手続きはやや煩雑ですが、返す必要もないお金です。
かなりの金額のものもあり非常に魅力的です。
中には、「無料で研修を受けることができる」というふれこみで研修会社等からの営業もあるようです。
審査があるので、対象外になることもあり「必ず受給できる」ものはありません。
(ちなみに、雇用保険関係の助成金申請は社会保険労務士の独占業務です)
先日、ある社長さまとの会話で助成金の話になり、
「手続きをして必ず助成金がもらえるのなら」と心が動くこともあるそうです。
私は、もしその企業様の取り組みが、助成金の要件に合うなら
是非うまく助成金を活用してほしいと思っています。喜んで支援させていただきたいです。
ですが、実態が伴わないのに無理をして実態を合わせたり、
書類を偽って申請するのはおやめいただきたいです。
書類を偽れば不正受給ですし、
もし書類が通ったとしても、そのお金以上に確実に事業運のようなものを落とすように思えるのです。

まず、人が離れていきます。そしてその後の企業活動も不調になってくるようです。
その方が、取り返しがつかないほどモッタイナイと
強く思うのです。
社長さまとお話しして、「地道に真っ当に」
我が身を省みた時間でした。

Previous postイメージ・イメージ・イメージ Next postそして 筆ペン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です