マインドマップ講座の選び方

「マインドマップを習ってみたいけど、どんな講座をえらべばいいのかな?」

という言葉をよく聞きます。

日程そして価格、講師の写真!?で決めていく方が多いようです。

 

マインドマップは現在ThinkBuzan社公認ライセンスインストラクター(略して TLI)

のみ有料で講座を行う事ができます。

 

そしてプラクティショナー講座と名のつくものが、ThinkBuzan社から

一定の講座内容を担保されている講座です。

プラクティショナー講座には、マインドマップメモリー(記憶法)

スピードリーディング(読書法)の3つがあります。

講座を修了するとユーザ資格が付与されて、修了書がでます。

マインドマップ・プラクティショナー講座の場合は公認ソフトウエア(11,800円相当)も

つきます。

その他、マインドマップ・アドバンスプラクティショナー講座もありますが、

こちらは、シニアTLI(日本で10名くらい。藤田もその1名です)のみが開催する事ができます。シニア

受講に先だってマインドマップ・プラクティショナー講座を修了しておく必要があります。

このアドバンス講座をうけ、ThinkBuzan社と契約すると、

所属する集団(職場、学校)に無料でマインドマップ入門講座を教える事ができるようになります。

今後開催していく予定ですので、お問い合わせください

 

プラクティショナー講座以外の講座は講師の特性を活かした独自の内容といえるでしょう。

ThinkBuzan社の修了書(ユーザー資格認定)やiMindmapソフトウエア(11,800円相当)はつきません。

 

講師がTLIかどうかはThinkBuzan社グローバル・インストラクターリストで確認できます。

顔写真や自己紹介も載っていますので、ピンときた講師のHPを検索すると良いと思います。

また、こちらのサイトに載っている講座の講師は全員TLIなので安心です。

 

ぜひ、ご自分のニーズにあった講座をお選びくださいねtony

Previous post4月・5月の講座予定 Next post専業主婦(主夫)の年金に新たな手続き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です