ノート術研究会

文房具が好きからノート作りに関心が向くようになりました。

私は目が悪いので黒板の文字が見えないことが多く、

学生時代からよく友達のノートを写させてもらっていました。

キレイなノートとわかりやすいノート、テストで点数の取れるノート、

覚えやすいノートは違うのだなーと漠然と思っていました。

それで行き着いたのがマインドマップなのですが、他のノート法も講座に行ったり、

本を読んで試したりしています。

方眼ノート、トヨタ式、マンダラチャートetc。

それぞれ特徴があり、使いこなせれば魅力的です。

根底にあるのは、ノートに書くということは考える事であり、

ノートに書き出すことによって自分と向き合うことができる

(あるいは向き合わざるを得なくなる)ということだと思っています。

紙と鉛筆だけなのにとてもパワフル。

電子化の世の中だからこそ、ノートで差をつけることができそうに思います。

 

ノートの可能性は素晴らしい。

そんな思いでひっそりとノート術研究会をやっています

Previous post学び方を学ぶ Next post言い訳が得意です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です