ブログ

コンプリート4/100 スピードリーディング・プラクティショナー誕生

2015.5.99日はスピードリーディング・プラクティショナー講座@南青山でした。

「読む」とは何か?を確認して、私たちの目の動きや脳の働きを活かし、実際にやってみるという方法で、読書ノートとしてのマインドマップの活用も身につけます。

ランチはチーズのおいしいレストランで、ついたチーム名も「チーム・Cheese!」

今回は4名のスピードリーディング・プラクティショナーが誕生し、内1名はマインドマップ&記憶法&スピードリーディングの3講座を修了されました。

みなさん、おめでとうございます。

 

マインドマップ講座だけでなく、なぜ記憶法やスピードリーディングがあるのか

不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。

マインドマップがこの世に産声をあげたのは、1974年出版の『USE YOUR HEAD』

(邦題 頭の良くなる本)といえます。この本の構成が、記憶法 読書法(スピードリーディング)

ノート法(マインドマップ)、そしてその統合であるブザン有機的学習方法(BOST)となっている事

からも、3講座そろってマインドマップ講座であるともいえます。

 

実際に3講座を受ける事によって自然と復習になって理解度やなじみ感が深まり、

すべて受講された方は「パズルのピースが揃った感じがした」と感想をもたれ、

受講後、ビジネスや学習にすぐ活用されているようです。

 

2015.5.9③昔ちょっとマインドマップを使っていた事がある方、自分で

勉強されている方、記憶法スピードリーディング講座を試

されるのはいかがでしょうか?

新たな角度からのマインドマップの理解が進み、きっともっ

と使いやすいツールとなりますよ。

まずは試したいと思う方には、6月に半日講座を、

7月にはマインドマップ・記憶法・スピードリーディングの

3講座を予定しています。

それそれ単独の受講も、もちろん大歓迎です。

お会いできる事を楽しみにしています。

 

2015.5.9②マインドマップは1回描いただけでは使えるようにはなりません。

抵抗感なく自然に描けるようになるのには、

だいたい100枚ぐらいかいたころでしょうか。

皆様にまずは21枚、そして100枚を目標にしましょう、

と講座でお話しているので、私も精進して、

3講座受講修了者100人を目指していきたいです。

Previous post主人公と3つの「ゆ」と日本 Next post子どもにマインドマップを描かせるのには?その④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です