なぜ、マインドマップ?

私は、セミナー等に参加すると、マインドマップをよく書きます。

これは!という内容はなおさらです。

 

IMG_5521なぜ、他のノート法でなくて、

マインドマップをつかうのか?

理由のひとつは、一番記憶に残り、

後から見ても思い出しやすいからなのです。

 

そもそも、マインドマップは

覚えやすく思い出しやすいノート法

として開発されました。

そしてそれが、他のノート法と違うところなのです。

 

理想的なマインドマップはイメージと言葉の割合が半々ぐらいがベストだ、

と開発者のトニー・ブザン氏は言っています。

 

イメージも、絵が上手い必要は全くありません。

自分がみて分かればよいのです。

th_Scan10023言葉も文章ではなくて単語にします。

情報をけずって、けずって、絞って、絞って

単語を選びます。

 

1枚の紙に収まるマインドマップの情報量は

濃くかつ膨大

後から見てもそのセミナーの内容がありありと浮かぶのです。

Previous post「かも」つくり、フューチャーセッション Making Mayby Next post労働法と対話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です